海外BPO活用によるDTP運用システム

DTP業界における昨今の制作費のコスト削減、短納期化の流れに対応すべく、弊社では、海外BPOの活用による運用システムを導入しています。
海外拠点と連携したスキームを組立てることで、そのキャパシティをいかし、印刷物の制作コスト削減、短納期での制作を可能にしました。

Print
IMG_3594
vol62_006
vol62_006

これからも海外4拠点を軸に、
コミュニケーションをより強化し、
強固なネットワークを構築していきます。

弊社において海外BPOの活用をスタートさせて今年で5年目に突入しております。昨今の制作費のコスト削減、短納期化の流れに対応すべく取り組んでいますが、海外拠点と連携したスキームを組み立てることで、そのキャパシティをいかし、旅行パンフレットはもとより、工業製品カタログや照明カタログ、事務用品カタログの1,000ページ、直近では研究用設備・機器のカタログ700ページなど、業種業態も幅広くチャレンジしています。

BPO(business process outsourcing)とは自社業務の一部を外部にアウトソースすることですが、国内の外部ブレーンにアウトソースした場合、コスト高になってしまうのが現実です。そこで海外の企業に業務の一部を一括してお願いすることで、国内よりもさらにコストダウンを図ることが可能になります。これが「海外BPO」と呼ばれ、近年話題となっているコスト削減手法の一つです。

カタログ発注担当者様、
海外BPOで、DTP制作の効率化をしませんか?

弊社では、同業制作会社、印刷会社さまへの海外BPOのコーディネートもしております。 ご興味のある方は下記バナーより詳細内容をご覧ください。

海外BPOに関するお問い合わせ