2015年12月03日 投稿者:でじぷら記者

コーチングを受けてみて

社内でコーチングをおこなった話しは、以前書きましたが、
今回は、実際にコーチングを受けたスタッフに
ヒアリングしたので、その一部をご紹介します。
・今回のコーチングを受けて、どのような感想を持っているか?
・コーチングの中で、何か印象に残ったことはあるか?
・コーチングを受けて、何か変わり始めたか?
というお題目でヒアリングをおこなっています。

1203blog01

◆Fくん(男性/業界経験4年)
最初は問題点をなかなかフォーカスできず、四苦八苦しましたが、
自分の課題点や立場をはっきりして頂けただけで十分満足しています。
また、社長が自ら制作に携わっていた頃の仕事の進め方などを、
あらためて聞けたのが良かったです。
今後は、案件に携わったことがない人にも理解できる、
各案件のルールブックがあればいいと考えました。
今回のコーチングを受けて、自分人身に対しては
「巻き込み力の強化」を課題にしました。
クライアントに対しては、原稿や進行状況など、
細かく報告し「安心」してもらうことで、リスク回避が可能なので、
社内業務についても、タスクを解体して、
複数人での行動予定を立てリスクを回避していきたいです。

◆Yくん(男性/業界経験15年)
社長からのコーチングを受けての感想ですが、とてもよかったと思います。
コーチングとは関係ないですが、社長の人を見る目といいましょうか、
分析力がスゴイことがわかりました。全て心の内が読まれてるようでした。
社長と幾度かディスカッションしているうちに、仕事に対して普段では考えなし、
思いも付かないことを引き出してもらい、それを前向きに考える機会をいただいた気がします。 
自分ができないと思っていたことに対して、自分にできる範囲だけではなく
挑戦する姿勢を持てるようになりました。
また、目標を持つことで周りの見え方、次の行動に移す為の準備や、
やるべき事が想像しやすくなりました。

◆Mくん(男性/業界経験1年6ヶ月)
ふわふわしていた“なりたい自分像”を、
今回のコーチングでははっきりと形にすることができました。
また、自分の理想を具現化するための道筋を、着実に歩むための方法を、
分かりやすく明示して頂けたので感謝しています。
「なりたい自分は自分の心にしかない。ただ、それを実現する具体的な
方法を分からない人が多い。それを知ることは自分がステップアップ
する上で重要な強みになる」という社長の言葉が心に残っています。
コーチングを受けてからは、日々の業務の中で主体性を持った行動をして、
自らいろいろと発信するようになりました。

1203blog03

◆Uくん(男性/業界経験8ヶ月)
新卒の新入社員といえど半年以上たったのだから、指示や仕事が勝手に
くるものとは思わず、自分から積極的に動いていかなければと感じました。
また、言いにくい本音は、冗談ぽく伝える手段があるという事も学びました。
自分の中だけで考えず、周りを見て、そして分からないことは聞いて、
情報を得なければ学べないのだと思いました。
他の人が話している時は自分に向けての話ではなくても、
聞き耳をたてる事も大事で、ニュースや雑誌からでも情報を得ようとすることは
必ず次の何かにつながると思うので、今後は心掛けていこうと思います。

◆Yさん(女性/業界経験2年)
今回のコーチングを受けて、今までふわふわしていた、
自分自身の“やりたいこと”が明確に見えました。
普段は、社長とマンツーマンで話す機会がなかなかないので新鮮な感じでした。
今回のコーチングで、以前よりも自分がやるべきことを把握できたので、
“しなければならない責任感”を持ち進めていきます。

1203blog02

◆Sくん(男性/業界経験8年)
今回のコーチングでは、自分の仕事の理想像を言葉にすることで、
自分がするべきことの指針が少し見えてきた気がします。
その理想像を売上に直結できるようにするには、
難しいところではありますが、やる気は出てきました。
また、仕事の理想像を考えていく中で、
自分自身を探っていく作業が新鮮でした。
コーチングを受けて自分自身が大きく何か変わったというのは、
まだ実感出来ていませんが、事務所全体が売上に対して敏感になってきたことで、
ピリピリ感というかいい意味で緊張感が出てきて、何か変わり始めてる!?
という感じがあります。

今回のヒアリングの内容も参考にして、引き続きコーチングを進めていきます。